冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他
結納

結納式

当日の準備

床の間に結納品を飾る

結納品の受け渡しをする部屋は、慶事にふさわしくしつらえます。結納品は、祝い台に並べて、和室なら床の間か飾り台などに飾ります。
洋間なら、上座にあたる出入り口から遠い場所に机などを置いて、その上に。
指輪を添える場合は、箱に入れて金宝包の横に置くか、別に指輪用の祝い台にのせて手前に置きます。別に反物や服地などをつける場合は、またその脇に台にのせて並べ、家族書や親族書は、へぎ盆〈白木製の盆〉にのせて末座に添えます。
また、おめでたい書や絵の掛け軸、額、置きものなどを飾ったり、花を生けて、よき日を祝う演出を。

仲人のもてなしは

結納の受け渡しを終えてから、仲人を祝い酒と祝い膳でもてなすしきたりがあります。しかし、最近は、時間などの都合で祝い膳のかわりに、酒肴料(しゅこうりょう)として現金を贈ることもふえています。祝儀袋に「御酒肴料」と書き、両家の連名か、別々の場合はあらかじめ打ち合わせて同額を包みます。
また、一堂に集まる結納式では、受け渡しが終わってから、両家の家族といっしょに会食するという形も多いようです。
なお、おめでたい席では、縁起をかついでお茶のかわりに桜湯か昆布茶を出すのがしきたりです。

当日の装いは略礼装程度で

男性はダークスーツ、女性は和装なら訪問着、洋装ならドレッシーなアフタヌーンドレスで。仲人や両親は、男性はダークスーツ、女性は訪問着か一つ紋の色無地、あるいはシルクのワンピースやスーツなどが一般的で、本人だちより少し控えめにします。
とくに格式を重んじる場合は正式礼装ですが、一般的には、やや改まった程度の装いのことが多く、両方の装いの格をそろえるように、事前に打ち合わせておきます。

仲人へのお礼は両家で同額を

お礼は、挙式まで引き続いてお願いする場合は、挙式後にまとめてするので、当日は祝い膳〈あるいは酒肴料〉とお車代を。
結納までの仲介者の場合は、一両日中に出向いてお礼をします。お礼は、現金または商品券などで。お世話になった度合いによりますが、目安としては結納金の一割、車代、結納に使ったと思われる費用、酒肴料の合計額で、これを祝儀袋に包んで渡します。表書きは「御礼」。
このお礼は両家で半額ずつもつのが原則で、両家連名でも、同額を別々に包んでもかまいません。
仲人への御礼
表書き
寿、御礼
水引
のし付紅白結びきり
贈る時期
結納儀式後
目安
結納金の一割程度
10万〜15万
関連ページ

◆冠婚葬祭マナー百科 ≫ 冠婚葬祭 その他 ≫ のし袋の知識
スポンサード リンク

使者をたてる正式な結納式

仲人が両家を往復する

結納の使者は、双方の家から一人ずつたて、それぞれに結納品を届けるのがもっとも正式なやり方です。しかし、今日では一組の仲人が両家を往復して結納を取り交わす方法がとられています。
仲人は、夫妻そろって、男性宅→女性宅→男性宅→女性宅と三度回ることになります。順序としては、
1男性宅で結納を預かり女性宅へ
2女性宅で男性側の結納品を渡す
3受書と女性側の結納品を持って男性宅へ
4男性宅で受書と女性側の結納品を渡す
5受書を持って女性宅へ
6女性宅で受書を渡して、役目を終えるとなります。

仲人は口上を、仲人夫人は結納品の受け渡しをする

結納当日、仲人はおもに口上を述べ、結納の受け渡しをするのは仲人夫人の役目です。預かった結納品は、祝い台の脚をはずしてふろしきに包んで運びます。ふろしきは紫色の無地か、寿などのめでたい柄のものにします。
また、地方によっては、脚をつけたまま祝い台を運ぶこともあるので、このときは両手で捧げ持つようにします。
届け先では、ふろしきから取り出して祝い台を組み立て、結納品を順番に並べます。
結納の席で間違えたり、粗相のないよう、祝い台を運んだり、包んだりの動作を練習しておくとよいでしょう。仲人の口上も同様です。

儀式に遅刻は厳禁

仲人は定刻に訪問します。当日は時間に余裕をもって家を出ること。おめでたい儀式に遅刻は許されません。

口上以外のあいさつはしない

仲人も両家の人も玄関先では日常的なあいさつなどはせず、すぐ受け渡しの部屋へ通り、着席します。結納品の飾ってある座敷の上座に仲人と夫人が座り、向かい合う席に本人、父、母と着席します。
結納の席では、儀式の口上を述べ、雑談や世間話はしません。

結納のすすめ方

〈男性宅で〉
仲人夫妻は定刻に到着。男性宅では玄関でこれを出迎え、すぐに部屋の上座に通します。
桜湯か昆布茶と干菓子でもてなします。
仲人 本日はお日柄もよろしく、まことにおめでとうございます。ふつつかではございますが、ご結納のお取り次ぎをさせていただきます。
父親 本日は結納おさめにつきまして、ご多忙のところ、お世話様になります。
しるしばかりの結納でございますが、○○様へお納めのほど、よろしくお願い申し上げます。
仲人 かしこまりました。結納の使いとしてたしかにお預かりいたします。ただいまからお届けにまいります。
仲人夫妻は結納の品と家族書・親族書を持って女性宅へ向かいます。
〈女性宅で〉
仲人夫妻を出迎え、座敷に案内します。仲人夫人は預かってきた結納品を差し出します。
仲人 このたびお嬢さまには、○○様〈男性の名〉とのご良縁あい整い、まことにおめでとうございます。○○様からのご結納の品、幾久しくお納めください。
父親 ご多用中のお役目、まことに恐れ入ります。このたびはおかげさまで縁談が整いまして、ありがとうございます。結納のお品、ありかたく幾久しくお受けいたします。
結納品はいったん床の間に飾り、すぐ別室にさげて受書を書き、男性側への結納品とともに仲人に差し出します。
父親 ただいまお受けいたしました、ご結納の受書でございます。また、これは○○様〈男性〉への結納でございます。よろしくお取り次ぎをお願い申し上げます。
仲人 たしかにお預かりいたしました。それでは○○様へお届けしてまいります。
仲人夫妻は、受書と女性側の結納品を持って男性宅へ向かいます。
〈男性宅で〉
仲人は女性側からの受書を差し出し、結納がとどこおりなく納まったことを報告、改めて女性側からの結納の品を差し出します。
仲人 ただいまご結納の品をとどこおりなくお納めしてまいりました。これは○○様〈女性〉からの受書とご結納でございます。幾久しくお納めください。
父親 ありがとうございます。幾久しくお受けいたします。本日はいろいろお世話をおかけいたしました。まことにありがとうございます。これは私どもからの受書でございます。よろしくお願い申し上げます。
仲人夫妻は男性側の受け書を持って女性宅へ。
〈女性宅で〉
仲人 ○○様〈男性〉からの受書でございます。どうぞお納めください。
父親 たしかにちょうだいいたしました。本日はまことにありがとうございました。ささやかながら酒肴の用意がございますので、どうぞおくつろぎください。
結納の受け渡しが終わったところで祝い膳を囲みます。仲人の都合でとりやめのときは、酒肴料を包むか折り詰めを渡してもよい。車を待たしてあるときは運転手にも祝儀を。

仲人宅で行う結納式

仲人宅に両家が集まる

仲人が両家を往復する時間や労力を省くために、本人と双方の両親が仲人宅に集まって結納を交換するやり方です。

仲人は下座に座る

和室では床の間の前が上座です。床の間に向かって右側の上座から男性側の本人、父、母の順に、向かい合うようにして女性側の本人、父、母と座り、仲人夫妻は両家の下座に座ります。洋室では、テーブルをはさんで両家が向かい合って座ります。

結納式のすすめ方

結納品を飾る
1
両家のうち、どちらでも先に着いたほうが持参の結納品を仲人に差し出し、「本日は結納品を持参いたしましたので、なにとぞ先様へお納めいただきますようお願い申し上げます」という意味の口上を述べます。
2
これに対して仲人夫人が、「本日はまことにおめでとう存じます。お申しつけの趣は承知いたしました」と答え、結納品を日本間なら床の間に、洋間なら用意した正面の机上に置きます。
3
遅れて着いたほうの本人と両親に対しても、先着者と同じようにあいさつを交わし、所定の場所へ結納品を置きます。
一同着席したら仲人のあいさつ
仲人 本日は○○様〈男性〉、○○様〈女性〉ご婚約まことにおめでとうございます。ふつつかながら私どもが、ご両家のご結納のお世話をさせていただきます。
男性の父 このたびはお世話にあずかり、まことにありがとう存じます。なにとぞよろしくお願い申し上げます。
仲人夫人は男性側の結納品を床の間からおろして祝い台ごと両手で持ち、女性の前に置きます。
仲人 ○○様〈男性〉からの結納品でございます。幾久しくお納めください。
女性側〈父か本人〉 ありがとうございます。幾久しくお受けいたします。
同じ要領で家族書・親族書を取り次ぎます。
女性側は、本人と親が目録に目を通し、前もって用意してある受書を、お礼のことばとともに差し出し、仲人夫人はこれを男性側に渡します。
女性側の結納品を同じ結納で取り次ぎます。
受け渡しが終わったら一回礼をして、仲人が祝詞をのべます。
仲人 これをもちまして、○○様と○○様のご婚約が成立いたしました。まことにおめでとうございます。お二方様のご多幸をお祈り申し上げます。
双方から仲人にお礼のことばを述べ、一同そろって桜湯、菓子などで歓談します。
なお、一堂に会した結納の場合は、受書のやりとりを省略することもあります。

ホテルなどで行う結納式

結納飾りはホテル側が用意する

ホテルや結婚式場・レストラン・料亭などの一室に双方が集まって結納を取り交わすというものです。最近では、結婚式のできるようなホテルや式場のほとんどが結納式を扱っていて、予約をするときに頼めば結納飾りなども用意してくれます。現代的な合理性が受けて、とくに都市では、この方式も一般化しつつあります。

ホテルでの席次は

部屋の奥の落ちついた席に女性側か本人、父、母の順に着席し、テーブルをはさんで男性側が向かい合って着席します。上座のテーブルに双方の結納品を飾り、仲人夫妻は結納飾りが見えるよう下座に着席します。

結納式のすすめ方

金屏風の前に双方の結納品が置かれ、その前に仲人の当人と両親、きょうだいなどが並んで結納式が始まります。仲人によって結納品と受書の授受が行われるのは、これまで述べた二つの方式と同様です。最近は、受書の取り交わしが省略される例もあります。
また、男性から女性への結納品に婚約指輪を加えるときは、結納品といっしょに並べておき、結納品の交換内あと、男性から女性へ手渡して結納式は終わります。
終了後は記念撮影を行う場合もあり、双方そろってテーブルを囲んで会食し歓談します。

費用は両家で折半する

結納式にかかった費用と仲人へのお礼や車代は双方で出し合うのがふつうです。

仲人をたてない結納式

細かい打ち合わせが必要

恋愛結婚が多い現代では、仲人は挙式当日だけにお願いする、いわゆる頼まれ仲人が多いので、結納の交換は仲人をたてず、両家だけで行うこともあります。
結納の形としては、もっとも簡略な現代的なやり方といえますが、それだけに事前に綿密な打ち合わせをしておく必要があります。

場所はどこにするか

結納式の場所は、ホテルや料亭などの一室を借りるか、女性宅に男性側が訪れて行います。

結納式のすすめ方

準備や結納の手順は、基本的には仲人のいる結納式に準じて行います。
当日、男性側は持参した結納品を組み立てて床の間か上座にある机の上などに置き、女性側の結納品も並べて置き、着席します。
上座から本人、父親、母親の順に並び、男性側と女性側は向かい合います。
男性側の父親が床の間の結納品を取り女性の前に差し出して口上を述べ、女性があいさつして受け取ります。つぎに、女性側の父親が同様に男性に渡します。受書の交換は略すことが多いようです。
以上で結納式は終わります。

結納品を略すこともある

両家の話し合いによって、結納品を省略して結納金だけにしたり、婚約記念品だけを贈ることもあります。この場合は、しきたりどおりの口上などは必要ありません。

自宅で行う現代版結納式

これは、もっとも新しい現代版「結納の式」ともいえる簡素な婚約式です。しかも婚約不履行の防止も合んだ厳粛さも盛り込んだ方法です。

用意するものは

用意するものは、双方の家族書・親族書、健康診断書、婚約の品〈指輪、装身具など。交換する場合は双方で品物をきめて〉、婚約誓書〈誓書の用紙、婚姻届けの用紙、誓いのことばの用紙などセットになったものを、婚約式を扱っている結婚式場では用意してある〉です。

婚約式のすすめ方

1
上座に立会人〈媒酌人〉、両側に向かい合って当事者および両人の両親が着席する。
2
テーブルの上に婚約誓書、当事者それぞれの家族書・親族書と健康診断書、婚約の品、キャンドル、サインペン、朱肉などを置く。
3
進行係が婚約式の開始を告げる「○○様ご夫妻立ち会いのもとに、○○様、○○様ご両人の婚約式を始めさせていただきます」
4
立会人のあいさつ。
5
進行係のさしずで、当事者両人が婚約誓書の朗読、署名捺印をする。
6
両親が目を通し確認する。
7
家族書や健康診断書の交換をする。
8
婚約品の交換をする。
9
婚約誓書を立会人に預ける。
10
立会人があいさつし、両人に祝いを言う。
11
両親があいさつをする。
12
進行係が終了を告げる。
13
二人がキャンドルに火をともし祝宴になる。
結納の席次
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科