冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他
結納

結納

縁談の成立を意味する

結納というのは、本来はユヒノモノ、つまり二つの家が新たに姻戚関係を結ぶために、ともに飲食する酒肴(しゅこう)を意味するといわれます。そして、男性側がこれをたずさえて婿入りするのが本式だったと想像されます。
その語源にはいろいろの説がありますが、いずれにしても結納の品物は酒食に代わるものであるのがもっとも古い形で、しだいに嫁の衣装や調度品などを加え、さらにまた、金包みに変化したものと考えられます。要は、この結納によって縁談が正式に成立し、婚約したものとなるわけです。
結納など古くさい、そんなものはやめよう、という人たちもあるようですが、万一のときのためにも結納、婚約式などいもおうの形式はとっておいたほうがよいでしょう。
スポンサード リンク

仲人〈媒酌人〉をたてる

結納の取りかわしという段階に入ると、両家の間に媒酌人(ばいしやくにん)をたてて婚約を成立させ、さらに結婚式へとすすめるのが世間一般の慣例です。ふつう見合いから交際へとすすめてくれた最初の仲介者が媒酌人となって、さらに婚約から挙式まで世話をするケースがもっとも多いようです。
恋愛の場合には、上役とか先輩格の人、または恩師、知人、あるいは双方のうちのどちらかの家の知人などに媒酌人をお願いします。
なお、婚約の場合と挙式の際の媒酌人とは別の人でもさしつかえありませんから、適当な人かいない場合には、双方の両親か親類が立会人として出席してもよいのです。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科