冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他
プロポーズ

プロポーズ

見合いからプロポーズヘ

見合い後の交際は、婚約中のおつきあいと違って、交際を通じてお互いを知り、婚約をするかどうかきめるものですから、節度を守り、清純で淡々とした交際が望ましいのです。
しかし、見合いも恋愛も、実質的には変わりありません。恋愛の場合も最初に出会ったときの好きかきらいかできまるのですし、その最初の出合いの場所を第三者がきめるかどうかが、恋愛の場合との違いです。
お互いに見合いから恋愛の感情に移ってきたら、結婚が前提の見合いでも、改めてプロポーズで意志を伝えます。プロポーズは男性からばかりでなく、誠意をこめたプロポーズであれば、女性からするのも結構でしょう。
結婚をきめたら二人で仲介者に報告とお礼に伺います。
スポンサード リンク

恋愛からプロポーズヘ

恋愛から結ばれた二人には、「お見合い」の必要はありません。しかし本人同士が堅く将来を誓い合っても、両親はじめ家族の反対によって結婚できないという、昔流の悲劇もまだ絶無ではありません。やはり両親はじめ周囲の人たちに祝福されて、新しい人生のスタートを切りたいものです。
二人で結婚の約束をしたら、まず両親に報告し、相手を引き合わせます。
その前に相手の簡単な経歴書と写真を見せて、両親に予備知識を与えておくと、いっそうよいでしょう。
その後は本人同士だけでなく双方の家族を含めたおつき合いに発展するのが望ましいのです。これは恋愛を成就させるうえで、大切な要素です。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科