冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他
見合い

見合い後の返事

すぐにお礼と報告を

帰宅したら、その日のうちか、遅くとも翌日には、仲介者へ報告を兼ねてお札の電話を入れます。本人だけの見合いの場合は本人が、付添人が同席した場合は付添人からお礼を述べます。
はっきりした返事は改めてすればよく、断りの気持ちがきまっていても、当日や翌日に断ることは避けます。

返事は一週間以内に

見合いの返事は二、三日のうちに。遅くとも一週間以内には仲介者に伝えます。交際を望むにしても、断るにしても、必ず仲介者を通して返事をすること。直接先方へ伝えるのはルール違反です。
先に断ったら悪いからと、先方の出方を待ってぐずぐず返事を延ばしたり、態度をはっきりしないのは先方にも仲介者にも失礼になります。

交際を望むときは

相手を好ましいと思ったら、「よいご縁だと存じますので、先様がよろしければ、しばらくおつきあいしたいと存じます。どうぞよろしくお願いいたします」などとあいさつして、当人同士の交際を申し出ます。
その後の連絡は仲介者にまかせますが、先方が拒否しないかぎり、見合い後の交際が始まるわけです。
スポンサード リンク

断るときは

相手の自尊心を傷つけない理由なら、ありのままを言ってもよいでしょうが、相手に屈辱感を与えるおそれのある理由は、適当に修飾して、やんわり断るのがエチケットです。
「当方には過ぎたご縁とは存じますが、本人がなんとなく気がすすまないようなので…」「あんまりご立派な方なので、娘が自信がないと申しております」といった常套句が無難。気にそまなかったこちらの気持ちを察してもらえます。
〈男性のほうから断る場合〉
その1=「お美しくて、まことによくおできになったお嬢さまでいらっしゃいますが、なにぶんこちらがやぼったいいなかものでして、将来お嬢さまのほうであきたらなくお思いになるかも知れない、と存じまして…」
その2=「なにぶんにもおとなしすぎる性格の息子なものですから、いらしてくがさる方は、どちらかというと少し活発すぎるくらいの方でないと、うまくゆかないのではないかと存じまして、残念ですが…」
〈女性のほうから断る場合〉
その1=「たいへんご立派な方で申し分ないと存じますが、こちらとは趣味が全然反対でいらっしやるようで、ただその点だけが心配だと申しまして。できたら趣味の同じ方を、などとわがままを申しますので…」
その2=「家の中をしっかり守る、おしとやかなやさしい方をお望みのようなので、残念ですけれど、先様の理想の女性になれる自信がございません。私は結婚後も今の仕事を続けていきたいと思っておりますので…」

断られたら

仲介者も、断りを言われるほうも、いちばん心がけたいことは、根ほり葉ほり問いただしたり翻意を促したりしないことです。結局、後に無理を来したりしますので、むしろあっさり引き下がって、つぎのチャンスを待つ心のゆとりがほしいものです。

迷っているときは

また相手の判断に迷った場合には、その人の第一印象を思い出してみましょう。はじめて会ったときの感じというものは、他人にははかりしれない直感的なものですから、いちがいに否定することはできません。容姿、態度、言動などから教養の程度まで、いかに相手がそれらしくよそおったところで、そのよしあしは自然にあらわれてしまうものです。
したがって曇りのない心眼には、その人の本当の姿が直感的に映るものだという心理学的な立場からも、第一印象が重要視されています。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科