冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

女性の装い

和装のとき

格式高い披露宴で正式礼装するなら、未婚女性は振り袖、既婚女性は黒留め袖か色留め袖となります。
一般的な披露宴で、格式ばった装いをしたくない場合は、訪問着、付け下げ、一つ紋付きの色無地などの略礼装で。未婚、既婚を問わず着用できます。略礼装でも、帯や小物を着物より格を上にすれば、たいていの披露宴に着ていっても恥ずかしくありません。
未婚女性が披露宴で振り袖を着るときは、花嫁のお色直しの衣装より、格が上にならないよう配慮すべきです。それとなく先方に聞いておき、場合によっては、小振り袖か訪問着にするほうがよいでしょう。
着物の柄や帯の結び方などで、若さや華やかさを出すことができます。バッグやぞうりなどの組み合わせも大事です。着物と格を合わせることがポイントです。
スポンサード リンク

洋装のとき

披露宴が昼間ならアフタヌーンドレス、夕方から夜にかけては襟や袖のないイブニングドレスが正式礼装です。
夜の洋装の場合、正装になるにしたがって胸や肩など肌を見せる華やかなデザインになります。ただし、披露宴では肌の露出はほどほどにした控え目のデザインにしたほうが好感がもたれます。
昼間の礼装はアフタヌーンドレスで、夜と違って気品高く装うのが基本です。ドレッシーなワンピースやツーピース、生地はやわらかいジョーゼットやシルクなと、アクセサリーはパールかゴールドなどがよいでしょう。花嫁より豪華な装いにならないことを基本にまとめます。
既婚女性で慶弔両用の黒のドレスを着る場合は、必ず色もののアクセサリーを加えます。
夜は、襟を広めにあけたカクテルドレスが適当で、袖はあってもなくてもかまいません。夜の装いの基本は、光を添えて華やかにすることですから、ドレスはサテンやラメなど光沢の強い生地や金糸・銀糸を織り込んだ華やかな素材を選びます。
アクセサリーやバッグ、靴などの小物類も光るものを添えると照明に美しく映えます。

レンタルドレスの利用

年に何度も着る機会のないフォーマルドレスは、レンタルを利用するという人もふえています。使用料はドレスの価格の10〜15パーセントが相場です。最近はレンタル専門の店がふえていますが、信頼のおける店を選ぶことが大切。手持ちのドレスの種類が多く、コーディネートなどの相談にものってくれるところなら安心です。春や秋の結婚・卒業シーズンにはこみあうので、気にいったドレスを借りるには、早めに予約する必要があります。
関連ページ

◆冠婚葬祭マナー百科 ≫ 冠婚葬祭 その他 ≫ フォーマルウェアールール
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科