冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

男性の装い

一般招待客は略礼装で

男性の正式礼装は、和装なら黒の五つ紋付き羽織・袴、洋装なら昼はモーニングコート、夜はタキシードとなります。
多くの場合、新郎・新婦に合わせて媒酌人、両親や家族、主賓などはこの礼装にしますが、一般の招待客は略礼装でも失礼になりません。ブラックスーツか、紺やグレーのダークスーツで、シングルでもダブルでもかまいません。茶のスーツはカジュアルになるので避けたほうが無難です。ベストを着る場合は共布かグレー、シャツは白、ネクタイは白かシルバー系のもの、靴、靴下は黒となります。
スポンサード リンク

ブラックスーツを着こなす

男性のブラックスーツは、あらゆる年齢、立場に応じて着こなせる重宝な一着です。合わせる小物やアクセサリーによって、かなりフォーマルにしたり、ぐっとおしゃれっぽくすることも可能です。
たとえば、アイボリーやライトブルーのベストをつければ、タキシードのかわりの夜の装いとなりますし、シャツや、ネクタイの織り柄、ポケットチーフの使い方などで、いろいろな場に着こなすことができます。
関連ページ

◆冠婚葬祭マナー百科 ≫ 冠婚葬祭 その他 ≫ フォーマルウェアールール
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科