冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

失敗のない装いのポイント

披露宴のT・P・○に合わせる

披露宴が行われる時間、会場や招待客の顔ぶれ、規模の大きさによって何を着ていくかきめます。一流ホテルや結婚式場で行われる格式高い豪華な披露宴なら正装で、ごく気軽なパーティー形式の宴なら略礼装でというように、披露宴の格・スタイルに合わせるのが基本です。
また、和装の場合は既婚者と未婚の人とでは装いが違い、洋装では昼と夜では着るものが異なります。こうした装いのルールを知っておくと恥をかかないですみます。

一般的な披露宴なら略礼装で

友人や知人の一人として、また職場関係の立場で、ごく一般的な披露宴に出席する場合は略礼装で十分でしょう。
会社から会場へ直行する場合、男性ならシャツやポケットチーフを替えて、女性ならアクセサリーや小物類で華やかきを演出するとよいでしょう。とくに夜なら光る素材をプラスすると効果的です。
スポンサード リンク

新郎・新婦より格を下げる

当日の主役は新郎・新婦であることを忘れずに。二人より格の上の装いや華やかすぎる装いはタブーです。若い女性の場合、花嫁と見まちがえるような派手な装いで出席するのは本当に失礼なことです。よき日を祝う華やかさのなかにも控えめな装いで、花嫁の引き立て役となる心づもりで。
当日の二人の装いがわかっていれば、それより控えめにし、女性は花嫁の色といわれる白やお色直しの衣裳と同じ色の装いは避けるぐらいの気配りは必要でしょう。

夫婦は装いを合わせて

夫婦そろって出席する場合は、二人の装いの格をそろえることが大事です。夫がブラックスーツの略礼装なのに妻が正式礼装の留め袖では調和がとれません。夫のブラックスーツには、和服なら訪問着、洋服ならドレッシーなワンピースかツーピースというように、装いの格を合わせましょう。

平服の指定があったら

招待状に「平服で…」と書き添えられてあるとき、何を着たらよいか判断に迷うものです。
注意したいのは平服イコールふだん着、ではないということ。正装する必要はありません、という意味に受けとるべきで、披露宴の形式や新郎・新婦の装いなどを考慮して、多少改まった感じの装いにします。
男性はダークスーツや地味な色柄のスーツ、女性は、和装なら付け下げか一つ紋の色無地、細かい柄の小紋など。洋装ならドレッシーな感じのワンピースかツーピースなどで。
手持ちのシンプルなドレスでもアクセサリーや小物類を華やかにすると見違えるほどグレードアップするものです。靴やバッグを礼装用に近いものにするなど、おしゃれのセンスを生かしながら、どこかで祝意をあらわす装いを心がけましょう。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科