冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

品物の選び方

金額はつきあいの程度で

お祝いの額はどのくらいにするか、いちばん頭を悩ますところです。最近は披露宴が派手になったせいか、お祝い金の相場も高くなっているようです。
一般的な目安としては、招待を受けた場合は、披露宴の料理に相当する額の前後で、また、夫婦で出席する場合はその二倍、招待されない場合は半額程度と考えればよいでしょう。
基本は、新夫婦または親とのおつきあいがどの程度か、その深さによってきめることですが、身内やごく親しい人、年配者などはやや多めに、友人や若い人なら少なくても失礼にはなりません。

お祝い金の額は
新郎新婦は
あなたの
披露宴に出席
出席しない
一人で
夫婦で
勤務先の部下
30.000
100.000
5.000
勤務先の同僚
30.000
データなし
5.000
友人、知人
30.000
50.000
10.000
甥、姪
50.000
100.000
50.000
いとこ
30.000
50.000
10.000
その他の親戚
50.000
100.000
10.000
全体
30.000
100.000
10.000
招待状
表書き
御祝、寿
水引
のし付紅白か金銀の結びきり
贈る時期
正式には挙式前までに
あるいは披露宴に持参
関連ページ

◆冠婚葬祭マナー百科 ≫ 冠婚葬祭 その他 ≫ のし袋の知識
スポンサード リンク

相手の希望を聞いて

親しい間柄なら、率直に大体の金額を伝えて相手の希望するものを贈るのもよいことです。
品選びであれこれ迷ったり、他の人とぶつかる心配もありません。

新生活にふさわしい品を

二人の新生活に役立ちそうな、食器や台所用品、電化製品、家具類などを中心に品選びします。
生活に結びついた実用品は喜ばれることも確かですが、とかく実用一点ばりになりがちです。新生活にふさわしい夢を盛り込み、贈り手のセンスが伝わる品を選びたいもの。シンプルなデザインで質のよいものは後々まで記念として喜ばれるでしょう。
美術品や身につける装飾品など、趣味性の強いものは、よほど先方の好みを知っているか、相手がとくに望んでいる場合以外は贈らないほうが無難です。

親と同居か別居か

二人で新世帯をもつ場合は、あらゆる生活用品のなかから、すぐに役立つものを。親と同居の場合は大体の生活用品はそろっているでしょうから、本人自身か二人で使えるもの、記念として残るものが適当です。

グループで贈る

若い友人や職場の仲間同士がお金を出し合って贈るのもよいでしょう。一人ひとりの額は少なくても、何人かで集まればかなりのものが贈れるはずです。お祝いの寄せ書きのカードや、ラッピングに若い人らしいセンスを生かして、祝福する気持ちを演出しましょう。

結婚通知で知ったとき

結婚通知によって結婚を知ったときは、とりあえず、手紙かカードでお祝いの気持ちを伝えます。お祝い品を贈るときは、あまり金額のはるものは避けて、相手によけいな気を遺わせることのないようにします。

会費制の結婚式では

会費が高額のときは、改めて贈る必要はありません。会費が安いときは、何人かグループで少額を出し合い、記念品を贈ってもよいでしょう。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科