冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

贈り方

贈る時期は挙式一週間前までに

お祝いの品は、招待状をいただいたらなるべく早い時期に届けます。一般には、新居に荷物を送り出す前に渡すのが正式とされていますが、挙式がせまり、あわただしく過ごしている時期に渡すのは感心しません。遅くとも挙式一週間前までには届けるようにしたいものです。

持参するのが正式

本来は先方のお宅に持参して、結婚を祝う気持ちをあらわすのが礼儀です。昔は吉日の午前中にといわれましたが、いずれにしても先方の都合を聞いたうえで伺います。先方宅についたら、お祝いと、招待されたお礼の口上を述べたあとで、お祝いの品を差し出します。
スポンサード リンク

品物が大きいときは目録で

贈る品物が大きくて持参できないときは、店から直接自宅か新居に送ってもらいます。このときは目録を持参するか送ります。
目録は奉書紙(ほうしょがみ)を用い、品名、数量、贈る年月日、贈り主の氏名を記し、表書きは「御祝」か「寿」とします。

郵送するときは

遠方に住んでいたり、やむを得ない事情で品物を店から送る場合は、送りっぱなしにせず、品物が到着するころをみはからって必ず別便でお祝い状を出すこと。あるいは品物と一緒にお祝いのメ。セージを書いたカードを添えてもよいでしょう。

招待されないとき

親戚や友人、仕事関係、隣近所のおつきあいなどで、披露宴に招待はされていないが、お祝いを贈りたい場合は、時期はやや遅めに結婚式当日か、数日後に届くように送ります。
これは、先方に招待しなかったことについてよけいな気遣いをさせないためです。また、金額のはる立派なものを贈って、相手にお返しの心配をさせることのないように注意したいものです。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科