冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

こんなときはどうする

急に変更があったとき

出席の返事をしたあとで、急の用事などで欠席せざるを得ないときは、ただちに先方に連絡して、理由をはっきり言ってていねいにおわびします。ただ、病気や葬儀などの理由は伏せておきます。後日、改めておわびの手紙を出すのが礼儀。
スポンサード リンク

不幸と重なったら

披露宴の当日、親戚や知人の不幸を知るということもあります。昔から、しきたりとして祝儀より不祝儀を優先させるといわれますが、最近では、このような不幸や法事とぶつかる場合でも、時間の都合がつけば出席するというケースも多いようです。もちろん当事者の立場にもよりますが、前々からの約束を優先させるということでしょうか。
こんなときは出席しても、こちらの事情にはいっさいふれないのがマナーです。

代理での出席は

突然の用で急に出席できなくなったとき、夫の代理で妻が、あるいは共通の友人かかわって出席する場合もあります。ただし、これは先方が望んだ場合に限ることで、こちらで勝手に代理をたてるのは失礼です。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科