冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

返事の書き方

返事はなるべく早く出す

結婚披露宴の招待状が届いたら、返事はなるべく早く出しましょう。親しい間柄だからといって、電話などで返事をするのはマナー違反となります。招待状に同封された返信用のはがきに出欠を書いて出します。
先方では料理の準備や席次をきめる都合があります。何日までに返事がほしいと希望している日までに必ず届くように出すのが礼儀にかなったやり方です。

お祝いのことばを添えて

返信用のはがきに印刷されたご住所、おなまえ、おところ、御芳名などの「御」や「ご」「お」「芳」などの文字を二本線でていねいに消し、余白にお祝いのことばをひと言添える心配りもほしいものです。
「おめでとうございます」「お招きありがとうございます」「当日を楽しみにしております」などと書き添えます。
スポンサード リンク

欠席のときは

欠席の返事も同様に書きますが、簡単に理由を書いておわびし、出席できなくて残念がという気持ちを伝えます。
ただし、病気とか忌中などの理由を古くのは慶事にふさわしくありませんから、「のっぴきならない事情で…」とか、「所用のため…」などとだけ記し、式がすんでから改めて手紙を書けばよいでしょう。
こんなときは祝電を打って、二人の結婚を祝う気持ちを伝えるのもよいでしょう。結婚式の前日に自宅に出すか、当日に式場に届くようにします。慶事用の配達日指定の電報やレタックスを利用すると便利です。おめでたい日にふさわしいメロディーつきの電報やレタックスもありますし、手書きのメッセージと共にお祝いの花束やお祝金を贈れるフラワーレタックス、マネーレタッスも利用できます。
返事の書き方
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科