冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

媒酌人の役割と心得

開宴前の役割

挙式の立ち会い、介添えが主な役目

一口に仲人といってもこれには縁談から見合い、結納まで実際の世話をした仲人と、挙式当日だけ媒酌人〈挙式の際の仲人の別名〉をつとめる、いわゆる「頼まれ仲人」とがありますが、いずれにしても二人の結婚の誓いの証人となり、披露宴では参列者に新夫婦を紹介する重要な役割をつとめます。

頼まれ仲人は事前に両人と顔合わせを

職場の上司として依頼された場合など、新郎・新婦のどちらかとしか面識がないわけですから挙式前に二人と会って、予備知識を得る必要があります。履歴書や身上書に十分目を通し、結婚までのいきさつなども聞いておきましょう。
できれば、両親とも会い、二人が育った家庭環境や家族構成、本人たちのエピソード、親の履歴などを聞いておきます。
これらのデータは、披露宴のあいさつのときの大切な資料となります。

挙式当日は早めに会場ヘ

式場へは定刻より一時間くらい前に到着するようにします。両家のそれぞれの控え室に出向き、両親や親族にお祝いを述べ、「お役目を精いっぱいつとめさせていただきます」などとあいさつします。
その後は、媒酌人は新郎側、媒酌人夫人は新縁側の控え室で式の始まるのを待ちます。

挙式次第の説明を受ける

挙式十〜三十分前になると式場担当者から式次第について説明があり、具体的な作法を練習させてくれますので、それに従って振舞えばよいでしょう。
媒酌人夫人は、花嫁の着物のつまのとり方、ベールの直し方、ブーケや手袋の扱いなども習っておきます。

挙式では新郎・新婦に付き添う

新郎には媒酌人が、新婦には媒酌人夫人が付き添って入場します。
媒酌人夫人は、新婦が起立したり、着席したりするとき、そっと椅子を引いたり、裾の乱れを直したりして、さり気なく介添えします。つねに新婦に寄り添って、とかく緊張しがちな心をほぐし、いたわってあげます。

控え室で親族を紹介する

式後、披露宴までの時間を利用して、両家の親族紹介のあいさつをします。紹介は、それぞれの家の代表者がすることが多いようですが、媒酌人が紹介役も頼まれたら、名前や間柄のメモをもらい、新郎側から紹介します。
スポンサード リンク

披露宴前は招待客のもてなしを

披露宴での媒酌人は、あくまでも主催者側の人間として振舞うことが大切です。親族紹介、記念撮影が終わったら、控え室に出向いて招待客との応対をします。
媒酌人夫人は、新婦に付き添って着つけの乱れや化粧を直しに美容室に同道したり、軽い食べものをすすめたりします。

会場入り口で来賓を出迎える

披露宴の開始時刻になったら、会場の入り口に立って、新郎・新婦、両親とともに来賓を出迎えます。

宴での役割

来賓が入場し終わったら、新郎・新婦とともに入場します。新婦が和装のときは、媒酌人夫人は新婦の手をとって付き添います。

宴の最初にあいさつをする

媒酌人の立場は、単なる列席者ではありません。新郎・新婦の側に立って挙式のすんだ報告や新郎・新婦の紹介、今後のお願いなどを述べてあいさつします。

お色直しに夫人が付き添う

新婦がお色直しのときは、媒酌人夫人は出口まで新婦に付き添い、あとは式場側の介添人にまかせます。入場のときも入り口まで迎えにゆき、席まで付き添います。

閉宴後は来賓を見送る

会場入り口で、入場のときと同様、見送りをします。来賓が帰ったら、新郎・新婦と両親にお祝いと慰労のあいさつを。司会者や世話係の人々にも感謝とねぎらいのことばをかけます。

媒酌人のあいさつ

あいさつのポイント

披露宴では、司会者の開宴のあいさつに続いて、仲人があいさつをします、あいさつのポイントは、
1自己紹介とあいさつ
2参会者へのお礼
3挙式がとどこおりなく行われたことの報告
4新郎・新婦の略歴紹介
5結ばれるまでの経過といきさつ
6両家の家族の紹介
7今後の二人に対するご支援の依頼
などとなります。

あいさつは簡潔、正確に

あいさつの内容は簡潔明瞭に、が第一。挙式の報告、新郎・新婦の略歴、両家の紹介を要領よくまとめます。名まえの読み違いや誤りのないようメモを用意しておき、失礼のないようにします。
あとには来賓の祝辞や友人のスピーチが控えているので、長々とあいさつするのは控えるべきで、時間にして五分以内に、四百字詰め原稿用紙で三〜四枚程度にまとめます。

実質的な仲人がいる場合は

別に縁談からお世話をした実質的な仲人がいる場合は、新郎・新婦の紹介の前に、そのいきさつをのべ当人を紹介する配慮を忘れないようにしたいものです。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科