冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

会場の席次

新郎・新婦に近いほど上席

人数の多い場合と少ない場合ではテーブルの並べ方が変わります。少ない場合は馬蹄形、多い場合は「くし形」となります。そのほか散らし形もあります。
いずれにしても、主賓は新郎・新婦のメーンテーブルにもっとも近い位置に席を設けます。中央のメーンテーブルは、金屏風を背にして、向かって左側に新郎、右側に新婦が座り、新郎の左隣に媒酌人、新婦の右隣に媒酌人夫人が着席します。
両家の両親はそれぞれの側のもっともメーンテーブルから離れた末席につき、両家の家族・親類もそれに続きます。
メーンテーブルの席には長老とか恩師とかいわゆる主賓の参会者が座りますが、新郎・新婦の真ん前の席は、他の参会者から両人がよく見えるようにと考えて、あけておくことが多いのです。
このメーンテーブルは、その中心に近い席が上席とされ、少人数の場合には新郎・新婦と向き合う形に主賓夫妻が座り、以下両側へ順に座ります。
披露宴の席次
スポンサード リンク

中華料理の披露宴では

中華料理はふつう円卓を用いますので、新郎・新婦、媒酌人夫妻などの第一卓を正面に、第二卓以下は二列に並べます。
第一卓は入り口にもっとも遠く、第一卓に近いほど上座になります。横に並べた卓は入り口から見て左側が上席です。
一つの卓のなかでは、かりに一卓に背中を向ける形でも、距離が近い席ほど上席になります。

パーティー形式の披露宴では

洋風の披露宴でも、ビュッフェパーティーなど、立食式で行う披露宴もあります。
パーティー形式の披露宴では、新郎・新婦と媒酌人夫妻だけがメーンテーブルに着席し、一般の招待客は立つか、あるいは少数の椅子に自由に腰掛けるだけですから、席次にとらわれなくてよいのです。
新郎・新婦も、会場を歩き回って自由に客と歓談しましょう。

席次の決め方は

招待客の年齢や社会的地位、新郎・新婦との関係を考慮して決めますが、メーンテーブルに近い上席には、本人または親の上役、先輩、恩師など、敬意を払うべき人が着席します。
親族や家族は、社会的地位や年齢にかかわらず、血縁の濃いほど末席となります。
全体的には男女のバランスよく、職場関係、友人、両親の知人同士というようにまとめて座ってもらえば歓談もスムーズにすすみます。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科