冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他
人前結婚式

人前結婚式

結婚式に対する昔からの習慣や儀式にとらわれず、結婚はあくまで結婚する当事者の相互の人格を尊重し、愛情と誠実をもとにしたものであるべきだ、という新憲法の精神にのっとって、各地の生活館や公民館などでは、合理的な人前結婚式が行われるようになりました。
この結婚式場はいっさい神仏は祭らず、またいっさいの宗数的儀礼は行いません。祝詞(のりと)や敬白文(けいびやくもん)、聖書のかわりに、新憲法の一部が司長によって読みあげられたり、または、まったくこのような儀礼すら行わずに、媒酌人が司会者になってお祝いのことばを述べるだけですます場合もあります。
スポンサード リンク

式のすすめ方

式次第にきまったものがなく、自由に演出できますが、人前結婚式の主旨から、参列者の前で婚姻届に署名することを中心にすすめられます。
生活館、公民館の場合の一例を説明しましょう。
1
参列者入場
参列者、司婚者〈館長〉が入場します。
2
新郎・新婦入場
ウエディングマーチにのって新郎・新婦、媒酌人夫妻が入場、指定の席につきます。
3
司会者挨拶
司会者が「山本、大田様のご結婚式を行います。館長の前までお進みください」と告げ、新郎・新婦を紹介します。
4
婚姻届に署名
新郎・新婦は正面テーブルまで進み、新郎・新婦の順に婚姻届に署名します。
5
三三九度の杯
つぎに三三九度の杯にうつります。司婚者が銚子を持ち、司会者が三方を持って新郎・新婦の前に進み、一つの杯に三献ついで、まず新婦、ついで新郎、新婦の順に飲みおさめます。
6
「誓いのことば」を朗読
新郎が朗読し、最後の名まえのとき、新婦は自分の名を読みあげるケースが多いようです。
7
指輪の交換・ウエディングケーキ入力
このあと指輪を交換するときは、他の結婚式の場合と同様に行います。また披露宴で行うウエディングケーキ入刀をここで行うと、式にいちだんと華やかさが添えられるようです。ケーキ入刀を行うか否かにかかわらず、参列者一同が起立して乾杯します。新郎・新婦がふだんもっともお世話になっている上司とか恩師に音頭をとっていただきます。
8
お祝いのあいさつ
司婚者、媒酌人からお祝いのあいさつがあって式を終わり、披露宴にはいります。参列者全員がテーブルの前に着席して結婚式を行ったうえで、そのまま食事にはいるという方法も便利です。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科