冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他
仏前結婚式

結婚の儀式

つぎに紹介するのは東京築地本願寺の仏前結婚式の例です。

式場の飾りつけ

式場は、本尊である阿弥陀如来(あみだにょらい)のご前である本堂にしつらえられます。
本尊の前には上卓(うわじょく)〈ものを供える台〉の上にお花として緑の松一式が飾られ、その前にある前卓(まえじょく)には、松一式、あるいは若松に色の生花を配したものを飾ります。お供物としては雲脚台(うんきゃくだい)〈雲の形をした台〉か三方の上に紅白の鏡餅一具をのせ、礼盤(らいばん)〈本尊の前の高い壇で、導師があがって礼拝するところ〉を敷きます。
前卓には新郎・新婦に授ける数珠を置きます。

儀式

入堂・着席

式は太鼓や鐘〈またはオルガン〉の前奏によって始まり、本尊に向かって右側に新郎方の両親、親族、左側に新婦方の両親、親族がそれぞれ入堂して着席します。
ついで媒酌人〈夫〉に先導されて新郎が仏壇に向かって石側へ、媒酌人〈妻〉に先導されて新婦が左側へ入ります。このとき列席者一同は起立し、喚鐘(かんじょう)〈鐘を叩く〉します。
新郎・新婦がしずしず仏前に進むと、司婚者の僧侶が雅楽の音につれて入堂し、礼盤にのぼります。
このとき、磐(けい)〈銅製の打楽器〉を二度叩きます。
仏前結婚の席次

敬白文朗読

讃仏偈(さんぶつげ)の打磐(だけい)二音を合図に、司婚僧が仏に申し上げる「敬白文」を読みあげます。
敬白文は「新郎・新婦が夫婦の約を結び、婚礼の契りを誓う。願わくば剛柔相扶(ごうじゅうあいたす)け、敬愛の誠をつくし、四恩(しおん)〈国王、父、母、衆生の恩〉に報い奉るべし」という内容です。
読み終わると司婚僧は礼盤をおりて、前卓にある数珠を持って外陣(げじん)の所定の帳に着帳します。
このあいだ一同は起立して聞きます。
スポンサード リンク

数珠授与

新郎・新婦は媒酌人の案内で司婚僧の前に進み、向かい合って着席、念珠を授けてもらいます。
新郎は白い房のついた数珠、新婦は赤い房の数珠を受け取ります。数珠は左手で受け、式が終わるまでさげています。

司婚の辞

次に司婚僧が新郎・新婦に対して『司婚の辞』〈結婚の誓い書〉を奉読します。
司婚僧の辞は「新郎は敬に伴うに愛をもってよく夫たるの本分を尽くし、終生苦楽を共にすることを誓うべし。新婦は愛に伴うに敬をもってよく妻たるの本分を尽くし、終生苦楽を共にすることを誓うべし。ここに両者の誓いを得て一堂に来会の諸兄姉とともに円満なる婚儀の成立を認め、数珠を新郎・新婦に授けて仏祖報恩(ぶっそほうおん)の誠をつくさむ」という内容です。
誓約の辞が終わると司婚僧はこのことを一同に告げます。

焼香

新郎・新婦は数珠を取り替え、司婚僧のあとに続いて焼香をします。
焼香台の前に進み、左手に数珠を持ち、右手で香をつまんで香炉に落とし、合掌します。焼香は一回だけでよく、参列者一同は合掌します。終わったら席へ戻ります。
そこで、司婚僧はこんどはつぎのような『婚姻章』を拝読します。
「今日ここに婚姻の式典をあげたるを喜び、夫婦相和し、芳契変わらず。家庭を整え、生業にいそしみ、相たずさえて如教奉教の金言を守り、もって一生を荘厳し、皇恩仏恩に報謝したてまつるべきこと肝要にそうろうなり」
式を終わって司婚僧は退出します。
そこで、はじめて誓杯〈三三九度〉が行われます。

誓杯〈三三九度の杯〉

まず酌人が一の杯、二の杯、三の杯と運んで新郎・新婦の杯ごとを終わり、つぎに新郎の杯を新婦の両親、親族に順次運んで、新郎のほうから運んだ杯は媒酌人〈夫〉へ、新婦のほうから運んだ杯は媒酌人〈妻〉に、それぞれ杯をおさめて誓杯を終わります。

退場

媒酌人のあいさつがあり、新郎・新婦は媒酌人に先導されて退出します。つづいて両家の父母、親族の順に式場を出ます。控室へ入ったところで供物進呈が行われます。
式場への御礼
表書き
寿、御礼
水引
のし付紅白結びきり
いつ渡すか
挙式当日
目安
お寺と相談の上
5万〜20万
関連ページ

◆冠婚葬祭マナー百科 ≫ 冠婚葬祭 その他 ≫ のし袋の知識
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科