冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他
神前結婚式

結婚の儀式

入場・着席

両家入場いよいよ式の知らせがあると、両家と媒酌人〈当日仲人〉はそれぞれ式場へ入ります。童女または配座役(はいざやく)の案内で、新郎、媒酌人〈夫〉、つぎに新婦、媒酌人〈妻〉、つづいて新郎側の両親、新婦側の両親、新郎側の親族、新婦側の親族という順序で入場します。
この順序は式場によって多少違うので係□の指示に従います。
着席 神前に向かって右側に新郎、新郎の両親と親族、媒酌人〈夫〉がそれぞれ着席、新婦側は神前に向かって左側の所定の席につきます。
親族は兄、姉、伯父母、叔父母のように、主だった人しか参列しないのが普通ですが、新郎・新婦と血のつながりの濃いものから順に上座に着きます。
神職着席 儀式は、はじめに祭員(さいいん)〈神職〉、伶人(れいじん)〈雅楽を奏する人〉が、手水(ちょうず)をとって昇殿着席、伶人によって雅楽が奏されますと、斎主〈神官〉が昇殿して着席します。
神前結婚式の席次
スポンサード リンク

修祓の儀

斎主が立って神前に進み一同起立、かるく一拝します。斎主は幣帛(へいはく)〈ぬさ、みてぐら、にぎてなどともいい俗にヘイソクという〉をもって、参列者一同を祓い清めます。

祝詞奏上

典儀が式を始める旨を伝えますと一同起立。
斎主の一拝にならって一杯します。
次に斎主が祭神に酒食を供えた後、神前に二人の結婚を報告、祝詞(のりと)をあげて神に祈ります。

三献の儀〈三三九度の杯〉

三つの杯で神酒を飲み交わし、夫婦の契りを固めます。
酌人二人が、銚子と提子(ひさげ)とを持って神前に進み、斎主が神酒を取って提子に移します。これを持って酌人はいったん控え室に入りつぎに、親族杯の儀にうつり、新郎・新婦方双方の親族一同に祝膳がつけられます。
新郎方の尊属〈両親〉が杯をあげ、これを飲んで新婦方の尊属にすすめ、新婦方の尊属〈両親〉がこれを受けて、順次新婦方の親族に杯をながしていき、最後に媒酌人〈妻〉がおさめます。つぎに新婦方の尊属〈両親〉が杯をあげ、これを飲んで新郎方の尊属にすすめ、新郎方の尊属〈両親〉がこれを受けて順次新郎方の親族に杯をながしていき、最後に媒酌人〈夫〉がこれをおさめます。終わって一同自席から神前に向かって拝社し、奏楽があって斎主一拝、一同またこれにならって一礼します。

玉串奉奠(たまぐしほうてん)

玉串の捧げ方

退場

斎主の祝詞(のりと)が終わってから各自の祝膳をおさめ、典儀が、式が終わった旨を伝えます。そして一同が退出する前に斎主が参列者一同に祝儀のあいさつを述べます。
一同神前に拝礼し、新郎・新婦を先頭に入場したときの順で退場します。
式場への御礼
表書き
御初穂料、寿、御礼
水引
のし付紅白結びきり
いつ渡すか
挙式当日
目安
神社と相談の上
2万〜15万
関連ページ

◆冠婚葬祭マナー百科 ≫ 冠婚葬祭 その他 ≫ のし袋の知識
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科